飲む日焼け止めサプリ効果・口コミランキング

紫外線「UV-A」「UV-B」「UV-C」の違いとは?日焼けの原因はどれ?

紫外線のことを英語でUltraViolet略してUVと呼んでいますが、このUVにはA、B、Cの3種類があります。

 

地表まで届く紫外線のUV-A、UV-Bと、地球のオゾン層で吸収され地表には届かないUV-Cとなっており、私達の日焼け止めに関係しているのはUV-AとUV-Bになります。

UV-Aとは

UV-Aは波長の長い紫外線で、UV-Bよりも肌の深い所まで届くため、長時間浴びてしまうことで皮膚老化が早まったり、しわやたるみの原因となります。

 

日焼け止めに記載されている「PA」は、Protectiongrade of UV-AのPとAの略で、このUV-Aを防ぐ効果がどれだけあるかを「+」マークの数で表しています。
一般的に+マークが多いほど、UV-Aを防ぐ効果があることを示しています。

UV-Bとは

UV-Bは中程度の波長をもつ紫外線ですので、UV-Aほど肌の深い部分へは届きません。肌の表面で吸収されるため、肌表面にできる「しみ」はUV-Bが原因です。

 

日焼け止めに記載されている「SPF」は、Sun Protection Factorの略語で、このUV-Bを防ぐ効果がどれだけあるかを数値で表しています。

 

紫外線が肌に当たりはじめてから日焼けしてしまうまでだいたい15分〜20分と言われています。SPFは、日焼けしてしまうまでの時間を何倍に伸ばせるかという数値を表しているため、例えばSPF50とあれば、日焼けしてしまうまでの時間を50倍にできるという意味になります。

 

もちろん日焼け止めを塗っている量や、塗り直した回数、紫外線の強さによって条件はかわりますが、数値が高いから、より防御力が高いという意味ではないので注意しましょう。