飲む日焼け止めサプリ効果・口コミランキング

金属が使われる日焼け止めの理由とは?

日焼け止めの成分をみると、チタンや亜鉛などの金属が配合されていることがあります。実はこの金属は、紫外線を反射する役割があるんです。
日焼け止めといえば、「紫外線吸収剤」という紫外線を吸収させる成分が定番です。しかし、最近では、より効果のある「紫外線散乱剤」が使用されるようになりました。この紫外線散乱剤とは、金属の成分で紫外線を反射させることで日焼けを防止するものです。

チタンや亜鉛などの金属成分は肌に塗っても大丈夫?

紫外線散乱剤に使用される「酸化チタン」「酸化亜鉛」は、ファンデーションの顔料としても使われている成分で、肌への負担が少なくなっています。

金属アレルギーの人は注意しよう

この紫外線散乱剤には金属が使用されているため、金属アレルギーの人は使用を控えましょう。炎症やかゆみが起こる可能性があります。

紫外線散乱剤は活性酸素が発生する

酸化チタン、酸化亜鉛などの好物の粒子が紫外線を反射させるのですが、金属アレルギーの人は使用できなかったり、紫外線があたることで活性酸素が発生するなどの問題点がありました。

 

活性酸素とは、肌を老化させる原因ですので、紫外線から肌を守るためとはいっても紫外線散乱剤は直接肌に塗りたくないものです。

 

そこで、紫外線散乱剤の成分をコーティングすることで直接肌に触れないように工夫がされています。コーティングには、合成ポリマーやシリコン、水酸化アルミニウムやステアリン酸などが使用されています。

 

まとめ:日焼け止めを使うならなるべく肌の負担にならないものを

このように、市販の日焼け止めには肌に負担がかかる成分が含まれていることがあります。ノンケミカルなど、肌への優しさを重視したものを選択して、上手に日焼け対策をしましょう。