飲む日焼け止めサプリ効果・口コミランキング

なんで太陽に当たると肌が黒くなる?日焼けのメカニズムは?

紫外線をあびて肌が赤くなったり黒くなってしまう状態を「日焼け」と呼んでいますが、別に肌が「焼けて」いる訳ではありません。言葉のイメージで、フライパンで卵を焼くのと同じように太陽にチリチリと肌が焼かれている印象がありますが、実際はちょっと違うようです。

紫外線から肌を守ろうとする仕組みが日焼け

紫外線が肌の奥まで吸収すると、コラーゲンやエラスチン繊維を壊してダメージを与えます。そのため、炎症を起こしたり水ぶくれ(やけどのような状態)になったりします。
さらに、DNAを傷つけてしまい、皮膚がんなどの健康被害を起こしてしまうリスクもあります。

 

これらを防ぐために、皮膚は紫外線を浴びると肌の奥にある「メラノサイト」という細胞に、「メラニン色素」という黒い色素を作るように命令を出します。この黒い色素が紫外線を遮る(サングラスなどと同じ効果)のです。黒い色素が紫外線を吸収することで肌を守るわけです。

 

つまり、日焼けとは「焼け」ているのではなく、肌が紫外線から体を守るために反応している状態なんですね。